注文住宅のときは住宅ローンが複雑になる

国勢調査の結果によると平成20年と平成25年を比較した場合、持ち家数は185万戸(6.1%)増と上昇しており、住宅の購入を考えている世帯が多いことがわかる。そんな中、やはり人気なのが戸建物件で中でも注文住宅は誰もが憧れるでしょう。通常の建売戸建やマンションの購入とは違い、注文住宅の場合は土地の仕入れから建屋を立ててもらう工務店選びなどやることがたくさんあります。

中でも大変なのが、住宅ローンの組み方です。なぜかというと、土地と建物で決済タイミングが違うためです。通常の建売戸建やマンションの購入は、手付と最終決済のとシンプルなのに対し、土地の手付、残決済、建物の手付、中間決済、残決済など複数回になります。

よって住宅ローンの組み方も複雑で様々になります。まずは、複数金融機関に相談に行くことが大切です。場合によっては、つなぎ融資などの検討も必要になりますので、いろいろなパターンに備えて、審査などを早めにやっておくとよいでしょう。

住宅ローン借り換え方法知ってる?

住宅ローンを借り換えることをおすすめしていることが多いですが、借り換えることでどのようなメリットとデメリットがあるのか知ってから、借り換えを考えた方が良いと思うので、簡単にご紹介しておきます。

http://www.coventrymortgageservices.co.uk/category_02/file02_f.html

目的別でメリットも変わってきますので、まずは総返済額を減らしたい方は、今の住宅ローンと同じ金利タイプで比較してみて、金利が低いものがあれば、総返済額を減らすことができるでしょう。

返済期間20年以内の場合は、さらに低い金利で借入れができますので、給料が上がったからもう少し毎月の返済額を上げてもいいという方は変えて、総返済額を大幅に減らせると思います。

逆に、今の給料が減り、毎月の支払いが辛くなってきた方は、返済期間を延長させて、毎月の返済額を減らすということも可能です。

その場合、総返済額は増えてしまうかもしれませんが、毎月のことを考えると楽になると思います。変動金利の方は残り返済期間も少ないし、金利が上がるリスクを避けるために、固定金利に変えるという方も結構います。

そうすると残りの返済額が変わることもないので将来の計画を立てるにも安心ですね。しかし、デメリットもあります。今の住宅ローンの残りの返済額と借り換えをしてからの新たな総返済額を比較してお得になるからと言って、簡単に決めてはダメです。

借り換えにも費用が必要なので、その分を考えて、プラスになるのかどうかを考えなければ、損をしてしまうことになるかもしれないということです。ここを見落とさないようにして下さい。その費用もしっかり調べて、比較して、そこから借り換えをするかどうかを決めるようにしましょう。

ネット証券するなら外為オンライン

外為オンライン

ネット証券外為オンラインなど)とは、インターネット上で業務を展開する証券会社を指します。

実際に店舗を構える必要がないため、従来の証券会社と比較すると人件費や店舗展開費用を削減できるため取引に関する手数料が割安に設定されています。

ネット証券を利用して金融商品を取引するためには、口座開設を行う必要があります。口座開設方法は以下の通りです。

まず、取引を行うネット証券会社(外為オンラインなど)を決定します。

証券会社の決定時に考慮すべき条件は、取扱金融商品や手数料、取引ツールの使い勝手や機能、取引可能時間などがあります。

証券会社を決定後、インターネット上に公開されている証券会社のホームページから口座開設の申し込みを行います。

開設基準をよく確認し、基準に合致する場合にはホームページ上に必要な情報を入力し送信します。開設基準には、一定金額以上の金融資産を保有していることや年齢などがあります。

入力情報に不備がなければ、本人確認のための書類を証券会社に提出します。本人確認書類とは、運転免許証や住民票の写しなどで住所・氏名が確認できる書類を提出します。

提出方法は、FAXや郵送のほかにインターネット上の専用フォームから写真などの画像データとして送信することもできます。入力した情報や本人確認書類に不備がなければ、後日、証券会社より取引に必要なIDとパスワードが郵送されます。

以上が口座開設の流れになります。

現在では、口座開設の申し込みから開設完了まで全てインターネット上で手続きを行うことができます。また、インターネットを利用することで、24時間いつでも申込みを行うことができます。

私は外為オンラインお勧めなのでサイトチェックして下さい。